犬 ドッグフード 食べない

ワンちゃんがドッグフードを食べない。あなたならどうする?

犬は何でもよく食べる動物だと思っていませんか?
でも実はドッグフードを食べないワンちゃんが結構いるんです。

 

見た目は元気でいつもと変わらない様子なのに、何日もエサを食べないとなると体の方が心配です。

 

そこで皆さんはこんなときどんな対策をしているのか調べてみました。
同じ悩みでやきもきしている方は、ぜひ参考になさってみてくださいね。

犬にもドッグフードの嗜好性がある

猫が気まぐれなのは知っていますが、実は一緒に暮らしてみると犬にも気まぐれなところがあるのがわかります。

 

大好物に今日はなぜか見向きもしなかったり、半生だけきれいに食べて、ドライフードを残したりすることもあります。しなびた野菜は食べないのに、みずみずしいのは食べる。人肌に温めたものは食べるけど、冷めたのはいらない。結構世話が焼けるんです。またプラスチック容器などの臭いが移っただけでも食べないことがあります。単なるわがままなら、しつけで何とか乗り切れるかもしれませんが、もともと食の細い子などはどうにか食べさせたくて、こちらも必死です!

 

食べない原因はいろいろ考えられます。なかにはおいしいおやつを食べすぎただけの甘えん坊もいるでしょう。もともと食に関心の薄い子、遊び食いや好き嫌いの多い子もいます。人間の子供と一緒ですね。

ドッグフードを食べさせるための対策

具体的な対策をご紹介します。

 

  • ドッグフードの種類を食いつきの良いものに変える。
  • ドッグフードに缶詰の餌を混ぜる。
  • ふりかけをかける。
  • 餌をふやかす。
  • 好物の肉や野菜を混ぜる。
  • 手作りフードにする。
  • おもちゃに餌を詰める。
  • 置き餌にして気ままに食べさせる。
  • お腹が空くまで放っておく。
  • ミルクをやる。
  • サプリで補給。
  • 手で一粒ずつ食べさせる。

 

ペットフードメーカーの公式サイトには、ドッグフードに犬が飽きてしまった場合の対策として、栄養バランスを考慮したうえで、数種類の餌をローテーションする方法を提案したものもあります。またドッグフードにゆで野菜、ささみ、プレーンヨーグルト、肉などを混ぜるという飼い主さんもいます。

 

しかしどの方法にも何かしら賛否両論がつきものです。

 

そもそもドッグフード以外は食べさせてはいけないとする獣医さんもいますし、栄養バランスの偏りやアレルギーの懸念、衛生面やしつけの問題などにも関わってきます。その中でワンちゃんの性格や体質に合った方法をそれぞれが探し出すしかありません。

食いつきを良くしたドッグフード

まずはドッグフードの種類を見直す対策から見てみましょう。とりあえずドッグフードをおいしく食べてくれれば何の問題もないのです。最近では犬用フードとは思えないようなグルメな商品も開発されています。

 

日清ペットフード

「いぬのしあわせ プッチーヌ  超小粒 1〜6歳  ビーフ練り込み粒入り ドライ+半生」
食べむらが多い小さいワンちゃん用。ビーフが練り込まれた半生にチキンレバーパウダーをふりかけ食欲をアップ。さらにキャベツ、チーズなどのトッピングも。この他に黒豚タン練り込み粒入り、まぐろ練り込み粒入りを販売中です。

 

「いぬのしあわせ  ゴロッと具ルメ」
大きめにカットされた乾燥かぼちゃ、スモークチーズなどがミックスされたドライフード。こちらもチキンレバーパウダー入り。角切りささみ&かぼちゃ、スモークチーズ&さつまいも、ささみ&豆腐などのシリーズもあります。

 

サイエンスダイエット

「アダルト 成犬用 チキン 小粒」
新極上うま味成分を配合することで食いつきをアップした商品です。

 

ロイヤルカナン

「ミニ エクシジェント 小型犬」
ドライフードの内側にしっとりしたフードを詰めた2層構造タイプ。フードに関心が薄い犬やこだわりのある犬用です。

飲み込みやすい(のどごしの良い)ドッグフード

どうしてもドライフードを食べないワンちゃんには、ウェットフードや缶詰食品で食欲を掻き立てる方法があります。ここからはウェットフードと缶詰をご紹介しましょう。

 

ロイヤルカナン

「ウェットフード」
ドライフードをあまり食べないワンちゃん用。85g入りのパウチパック。中身はコーンビーフみたいな感じです。指定のドライフードに決められた分量を混ぜて使うことで、栄養バランスが崩れるのを防ぎます。公式サイトでは、「好き嫌いが多いうちの子も食べた」という体験談や実証動画などを見ることができます。

 

ロイヤルカナン公式サイト:https://my.royalcanin.jp/

 

いなばペットフード

缶詰 「とろみ とりささみ・野菜入り」
名古屋コーチンエキス入り。とろみのあるスープに、人参、かぼちゃ、グリンピースなどが入っています。牛肉やチーズをプラスした商品もあり。

 

レトルトパウチ「ささみと緑黄色野菜」
皿に移し替えるだけのレトルトパウチ。ささみをベースにミックス野菜が入ったフードです。ビーフ、チーズ、豚肉、鶏軟骨、さつまいも入りなど各シリーズを販売。

ふりかけで犬の食欲を刺激する

気の散りがちなワンちゃんには、食欲を刺激してくれるアイテム「ふりかけ」はいかがでしょう。ふりかけは本当に数えきれないほどの種類がありますね。特にネットショップでは無添加が人気です。定番のささみやチーズ以外に、鹿肉や納豆まであって人間並みのこだわりです。

 

帝塚山ハウンドカム

「酵素パワー元気」
50種類以上の野菜や果物を熟成発酵させて作ったふりかけ。お試しサイズが買えるとあって、楽天市場のレビュー数の多さが際立ちます。自然の甘味でワンちゃんの食いつきを良くするというこの商品。実は50種類の野菜や果物の中には玉ねぎやブドウなど犬に良くない成分も含まれています。しかし発酵段階で無害化され、安全は証明済みとのことです。

 

アイリスオーヤマ

「ささみのふりかけ」
ささみ以外に「ビーフ」「えびとにぼし」「かつお節」があります。「ささみ」と「ビーフ」には小麦粉や塩などが含まれていますが、「えびとにぼし」「かつお節」の原材料は素材のみです。

おもちゃで遊びながら食欲を刺激

最後におもちゃ好きのワンちゃんにおすすめの方法です。コングなどにペースト状のおやつや、ふやかしたドッグフードを入れ、興味を沸かせて食べさせます。

 

コングの他にドギーマンの「みえる! IQステップボール」もおすすめです。カプセル型のボールに穴が空いていて、ワンちゃんが転がしながら餌を取り出せる仕掛けになっています。餌の音が鳴らなくなるまで蹴飛ばしたり、追いかけたりして夢中になる子もいます。階段から落ちてもなかなか壊れない丈夫な作りなので長持ちです。

美味しさや食いつきにこだわったドッグフードはまだまだある

今回ご紹介したドッグフード以外にも、美味しさや食いつきにこだわったドッグフードはまだまだあります。

 

上質な鶏肉やサーモンなどを使って、犬の好む脂質(ニオイ)を際立たせたドッグフードや、通常使われない「ラム」をメインとしたドッグフードもあります。

 

今回ご紹介したドッグフード以外にも詳しく知りたい方は、以下のようなドッグフードのまとめサイトに詳しく書かれています。

 

ドッグフードのまとめサイト→https://wankono-gohan.com/

 

食いつきの悪いワンちゃんでも偏食気味のワンちゃんでも、ドッグフードや食べさせ方を工夫することで必ず食べるようになります。

 

犬の健康を維持するためには、普段の食である「ドッグフード」が欠かせません。ぜひ、ワンちゃんが喜んで食べてくれるようなドッグフードを見つけてみてください。