犬 歯 長持ち

ワンちゃんの歯を長持ちさせるには、どうすればいいの?

ワンちゃんの歯磨きって、なかなか難しいですよね。日ごろのケアが大事なのはわかっていても、犬が嫌がって噛んだりするので、お手入れをあきらめている方も多いのでは。でも日頃のお手入れが大切なのには、やはり理由があるんです。

 

今回はワンちゃんに多いと言われる歯石や歯周病の予防について、栄養面から素朴な疑問までいろいろ交えてお伝えしたいと思います。

そもそも犬に歯磨きは必要なの?

歯垢は奥歯につきやすい

「うちのワンちゃん、歯はきれいだから大丈夫」と安心していませんか? 実はきれいに見えても奥歯にたくさん歯石がついていることがあるんです。犬の唾液は人間と違って、弱アルカリ性。実のところ歯は酸性に溶けやすく、アルカリ性だと歯石ができやすいのです。虫歯は少ないわりに、歯石が増えやすい原因はこれなんですね。

 

 

耳掃除より回数は多めに

犬の歯垢が歯石に変わる期間は人間よりもかなり早いと言われます。だから耳掃除に比べて、歯磨きは頻繁なケアが必要です。とは言え大人しく歯磨きさせてくれる子でも、なかなか根気のいる作業。今日は上の歯、明日は下の歯といったように、少しずつでも磨いていきたいところです。

 

 

段階的に慣れさせるのが歯磨き上手になるコツ

歯磨きの仕方について、初歩から上級編まで獣医さんがとても詳しく解説されているサイトがあります。ご興味のある方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。

 

PetLIVES(ペットライブス)

歯磨き粉について考えよう

歯磨き粉は食べても大丈夫?

犬は人間のようにうがいをしません。歯磨きをすれば拭き取ったもの以外は食べてしまうことになるので、歯磨き粉は無害なものがいいですよね。ところが犬用の市販歯磨き粉の原材料を見ると、難しいカタカナの成分が並んでいます。その一つずつを調べても化学記号などが出てきて、素人にはよくわかりません。研磨剤だったり、コーティング作用だったり、きっと様々な効果があるのでしょう。着色料や保存料も入っています。

 

 

歯磨き粉を使わない人もいる

人間の場合は歯磨き粉をあえて使わない人もいるようです。その理由は歯磨き粉を使うと磨いた気になるから。かえって歯磨き粉を使わない方がきちんと磨けていると感じるそう。犬の場合は人間が磨いてやるので、磨いた気になるというのは少し当てはまらないかもしれませんね。

 

でももし歯磨き粉なしで歯垢を取り除けるなら、それに越したことは無いような気もしてきます。付いたばかりの汚れはまだ落ちやすいので、歯磨き粉なしでも案外大丈夫かもしれません。時間が経つと歯磨き粉を使っても、汚れは落ちにくくなります。やはり小まめなお手入れがより重要なのではないでしょうか。

普段の食事で歯の健康を維持しよう

歯に良い食べ物とは何でしょう。そもそも免疫力や老化など体の健康とも関係しているので、必要な栄養素を挙げると切りがありません。その中であえて歯に関係のありそうな成分をピックアップしてみました。

 

歯の健康維持に関係する成分

 

ポリフェノール(カテキン、フラボノイドなど)→殺菌・抗酸化作用

 

ビタミンC→歯茎の健康・修復

 

ビタミンD→カルシウムの吸収を助ける

 

乳酸菌→免疫力を高め、雑菌の繁殖を抑える

 

カルシウム→歯の強化、歯周病予防

 

食物繊維→歯の表面や隙間を掃除する

 

食物繊維とビタミンCが豊富な食物は?

食物繊維の多い食べ物に、リンゴや梨があります。またイチゴやキウイフルーツなどはビタミンCと両方含まれているので一石二鳥です。ビタミンCは果物だけでなく、サツマイモ、キャベツ、トマトなどの野菜からも摂取できます。

 

フラボノイド・カテキンが豊富な食物

フラボノイドやカテキンは、口臭対策や抗菌効果などでおなじみのポリフェノールです。特にフラボノイドはチェリーやミントの他、オレンジの白い綿と薄皮の部分にも含まれます。カテキンはもっぱらお茶に含まれるイメージが強いですが、それに近い渋味成分タンニンがブルーベリーにもあります。

 

またビタミンDはマグロなど脂の多い魚や卵に豊富です。栄養素の中には単独で食べるよりも、他のものと一緒に摂取した方が吸収の良いものもあります。様々な相乗効果を考えると、普段の食事の栄養バランスが体や歯の健康にもつながりそうですね。

 

 

リンゴはやっぱり歯に良い

医者いらずと言われるリンゴは、ビタミンCと食物繊維が豊富な果物。リンゴポリフェノールは歯垢を溜まりにくくし、口臭を予防します。さらにリンゴをかじることで、歯の表面をきれいに掃除もしてくれる、まさに歯にとってはありがたい食べ物です。

 

 

噛むことで歯石を予防する

噛むことは歯垢の除去につながります。そこで大手ペットフードメーカーでは、ドッグフードの形そのものに工夫を凝らした商品を開発しています。例えば「ロイヤルカナン」のラブラドールレトリバー用のドッグフードは、犬が丸のみせずにゆっくり食べられるような形状です。また「ユーカヌバ」は奥歯にフィットする珍しい形状をしていて、噛みつぶす効果で歯垢を取り除きます。

市販の人気歯磨きグッズ

ここからは歯磨き効果や歯の健康維持を目的とした人気商品をご紹介しましょう。原材料をチェックしながら、役立つ成分なども少し見ていきたいと思います。

 

 

犬のサイズに合わせて選べるガム「グリーニーズ」

グリーニーズは緑色をした骨型ガム。超小型犬用〜大型犬用まで揃っています。目に良いと言われるブルーベリー配合のタイプ、穀物不使用のタイプ、フレッシュなミント入りタイプ、カロリーオフにシニア用まで、様々なラインナップが揃って人気です。原材料には小麦粉、豊富なビタミン類&ミネラル類の他、オーツ麦繊維や乾燥リンゴなども見られます。

 

帝塚山ハウンドカム 犬用歯石口臭サプリメント

こちらの商品は粉末タイプ。ドッグフードにふりかけられるので便利です。パパイヤ粉末、乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌などいろいろな健康成分が入っています。パパイヤは食物繊維やビタミンCが豊富な食物です。

 

 

硬いガムは歯が折れる危険がある

ドッグフード以外では、デンタル用のガムや骨型おもちゃなどが人気です。噛むグッズは本当に種類が豊富ですよね。ただしひづめなどハードタイプのガムで、歯が折れてしまったケースをよく耳にします。また喉に詰まらせる事例もあるので注意が必要です。